Menu

美容整形の相談・紹介

検索

無料メール相談 24時間OK

赤ら顔治療 に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

[ 赤ら顔治療 ]

概要・効果

赤ら顔治療は、毛細血管拡張などによる顔の赤みを治療する手法です。赤ら顔の原因には毛細血管拡張症の他に、炎症、日焼けなどがあります。毛細血管拡張以外が原因の赤ら顔は、それぞれの原因に応じた治療が必要となります。
血管拡張症の赤ら顔は、何らかの原因で顔の毛細血管が拡張し、毛細血管が皮膚の上から透けて見えるので、顔が赤く見えている状態です。毛細血管拡張症の赤ら顔の治療には、機械を使って毛細血管を収縮・破壊する治療を行う他、外用薬や内服薬(漢方など)による治療を行うこともあります。なお治療に使われる機械は、IPL(光治療)やVビームレーザー(医療機器)が主流です。
また、赤ら顔の原因が毛細血管拡張症などの場合、レーザー治療でも保険が適用されることがありますが、治療と治療の間を3カ月ほどあける必要があります。

こんな方におすすめ

顔の赤みを改善したい、毛細血管拡張症を改善したい方

赤ら顔治療のメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

赤ら顔治療の中でも、特にVビームレーザーを使った治療は結果が出るのが早いというメリットがあります。デメリットとしては、結果を早く出すために機械の出力を上げると、内出血などを起こすことがあることです。

赤ら顔治療の失敗例

治療方法により異なりますが、Vビームレーザーの場合はヤケドや色素沈着が起きてしまったという例があります。技術力の高い医師がいるクリニックや治療の選択肢が多いクリニックを選ぶことで回避しやすくなります。

赤ら顔治療の修正に関して

赤ら顔治療の後、何らかの問題やトラブルが発生した場合は、いきなりクリニックを変えるのではなく、まずは執刀医に相談しましょう。保証のついたクリニックもありますし、相談次第で修正やケアを無償でやってくれるところもあります。

赤ら顔治療の名医とは

赤ら顔の原因は様々なので、皮膚だけでなく内分泌系など幅広い医学的知識が求められる他、レーザーなどの機械を使った治療技術があることも必要です。特にレーザーは、当て方によってはヤケドなどを起こすリスクもあるため、高い技術力が必要です。

関連する施術(機器)

フォトフェイシャル(IPL)フラクショナルレーザージェネシス

メーカー ※医療機器の場合のみ

赤ら顔治療の口コミ(体験談・評判)

赤ら顔治療のCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

Vビームレーザーの場合、3000円前後/ショット

ダウンタイム

治療方法により異なる。Vビームレーザーの場合、施術後1~2週間ほど内出血や腫れ、水ぶくれができることがある

痛み・腫れ

内服薬、外用薬による治療なら痛みなし。Vビームレーザーの場合は、強い出力だと内出血が起きる

施術の流れ

カウンセリング→デザイン→照射→クーリング→帰宅

FAQ

経過

施術直後は顔がほてったようになることがあるが、クーリングによりほぼ解消される。また効果が出るまでに複数回照射する必要がある。Vビームレーザーの場合は3回程度で効果が出るとされているが、IPL(光治療)の場合は月2回程度で様子を見ながら続ける必要がある

モニター

あり(5割オフ~最大無料など)

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

ほとんどの治療で当日より可能

施術時間の目安

顔全体で30分程度

麻酔の種類

赤ら顔治療に関するご相談は下の「無料メール相談」から承ります。
ご希望やご予算に応じて適切なクリニックやドクターをご紹介致します。
まずはお気軽にご相談ください。

※状態、診断に関する相談は受け付けておりません。

無料メール相談 24時間OK
≪ 美容施術一覧へ戻る

人気ランキング

おすすめランキング

話題のキーワードで検索

キーワード一覧
無料メール相談