医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

Vビームとは

最終更新日:2020年5月8日

この記事は、いなばクリニック稲葉岳也 先生が監修しています。

概要・基礎知識

595nm(ナノメートル)の波長で血液の赤い色素(ヘモグロビン)に選択的に反応し、吸収されるレーザーです。

正常な部分の皮膚にダメージを与えることなく、赤いニキビ跡や赤アザのある部分にピンポイントで作用して症状を改善させます。単純血管腫、苺状血管腫などの赤いあざや毛細血管拡張症、酒さによる赤ら顔や小鼻周辺の赤み、赤みのあるニキビ跡などの治療に有効です。

Vビームのレーザーは内部に到達すると、血管の内壁が破壊します。これによって血管が塞がり、皮膚の上から透けて見える赤みが徐々に軽減されていきます。薄い色素でも鋭く反応するのが特徴なので、従来のヘモグロビン治療用レーザーよりも効果に期待できると言えるでしょう。周辺の正常な皮膚へ与える影響が少ないのもメリットのひとつです。

優れた治療方法であるVビームですが、1回の治療だけで血管を完全に塞ぐことはほぼ不可能です。症状に合わせ、2週間以上の期間を空けて施術を繰り返す必要があります。

こんなお悩みに

・赤いニキビ跡が気になる方
・赤ら顔、赤アザが気になる方
・ケロイドの赤みを改善したい方

ダウンタイム/経過

赤みや腫れ、内出血などは2週間程度でおさまります。
症状によって異なりますが、赤いあざや赤ら顔、ニキビ跡などは1~3カ月に1回のペースで5回程度の治療が目安となります。
また、紫色の内出血が2週間程度続くことがあります。

費用

照射部位の大きさによって異なります。ただし、単純血管腫、苺状血管腫、赤ら顔など保険適用です。(180平方cm以内は大きさで金額がかわりますが、180平方cm以上は上限ありの固定金額です。) 3割負担では、1回1万〜3万円程度が目安となります。

リスク・副作用

施術後、赤み、内出血、腫れが生じます。照射が強すぎると水疱やかさぶたができることもあります。

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~19:00
休診日:祝
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅中央改札口徒歩約7分
院長:富 隆志
診療時間:10:00~20:00
休診日:

Vビームに関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP