Vビーム に関する施術の効果とリスク(失敗)、口コミなどを紹介 

概要・効果

Vビームは、595nm(ナノメートル)の波長で血液の赤い色素(ヘモグロビン)に選択的に反応し吸収されるレーザーです。

そのため、他の部位にダメージを与えることなく、赤いニキビ跡や赤アザの治療に有効とされています。薄い色素でも鋭く反応するのが特徴なので、従来のヘモグロビン治療用レーザーよりも効果に期待できます。

ただし、血管内の赤い色素なのか、一般的なシミなのかの鑑別ができ、レーザー照射の技術力が高い医師を選ぶ必要があります。

こんな方におすすめ

赤いニキビ跡、赤ら顔、赤アザが気になる方

Vビームのメリット(長所)とデメリット(リスク・短所・副作用)

メリットは、赤い色素にだけ反応するので気になる部位以外にはダメージを与えにくいこと、薄いアザやニキビ跡でも反応が良く改善に期待できることです。

デメリットは、施術後に内出血や腫れが出ることがありダウンタイムが比較的長めであること、処方された外用剤の塗布など自宅でのケアが必要であること、経過観察のため定期的な通院が必要であることです。

Vビームの失敗例

施術後に内出血や腫れで顔が若干むくんでしまうため、失敗したのではないかと思われることや、効果が感じられないと思われる方もおられます。
ほとんどの方は1〜2週間で赤みなどは引いてきますが、なかなか引かない場合には、施術したクリニックに相談しましょう。
また、Vビームは医師の技術と経験で仕上がりが変わってくる場合があるので、医師選びは慎重にしましょう。

Vビームの修正に関して

レーザー治療のため修正はありませんが、仕上がりが気になる、ダウンタイム期間を過ぎても腫れが引かないなど不安がある場合は施術したクリニックに相談するようにしましょう。

Vビームの名医とは

レーザー機器を取り扱う施術法の経験と知識が豊富で、特にVビームについて学会報告や症例報告などが多い医師が名医と考えられます。また、術後の腫れや内出血についてなどリスクについて施術予約の段階できちんと説明があるクリニックがおすすめです。

関連する施術(機器)

QスイッチYAGレーザーフラクショナルレーザー Qスイッチルビーレーザー

メーカー ※医療機器の場合のみ

キャンデラ社

Vビームの口コミ(体験談・評判)

VビームのCall to Beautyに寄せられた実際の相談内容

費用・値段

1回1万〜2万円程度

ダウンタイム

内出血が起こるため1〜2週間はみておく必要あり

痛み・腫れ

レーザー照射により1週間程度は少し腫れが残る

施術の流れ

カウンセリング、診察→麻酔→施術→患部への軟膏塗布→当日帰宅

FAQ

経過

施術後2週間程度で赤みや腫れがおさまる
1〜3カ月おきに通院するのが望ましい

モニター

条件付きでモニター募集あり

抜糸時期(※オペ系のみ)

術後の洗顔・メイク

施術後からメイク可、洗顔・入浴も当日より可

施術時間の目安

範囲によるが10分程度

麻酔の種類

必要な場合はクリーム麻酔、麻酔テープの使用可能

Vビーム と関連治療が受けられるクリニック

美容皮膚科
住所:東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
最寄駅:JR恵比寿駅西口より徒歩8分
院長:城野 親徳
診療時間:10:30~12:30 15:00~17:30
休診日:祝
形成外科 美容外科 美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅「中央改札口」徒歩約7分
院長:棚田祐助
診療時間:10:00~20:00
休診日:

おすすめの関連記事

人気ランキング

おすすめランキング

bnr_insta