医師監修の美容医療メディア Call to Beauty

医師監修の美容医療メディア

ルミキシルとは

最終更新日:2020年7月7日

この記事は、東京美容皮膚科クリニック二宮幸三 先生が監修しています。

概要・基礎知識

アメリカのスタンフォード大学の研究者によって開発された新美白成分「ルミキシルペプチド」という10種類のアミノ酸からなる合成ペプチドを配合した美白クリームです。

ルミキシルペプチドにはメラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼのはたらきを阻害することで、メラニンの沈着を防ぎ、紫外線や加齢によるシミ、雀卵斑(そばかす)、肝斑、くすみ、ニキビ跡などの気になる色素沈着の予防、改善に効果を発揮します。

これまで医療用の美白クリームはハイドロキノンが主に使われてきましたが、長期で使用すると白斑などの副作用のリスクがありました。ルミキシルは、ハイドロキノンの約17倍のメラニン生成抑制効果が確認されています。

また、常温保存でも安定した製剤であり、非毒性・非刺激性であることから敏感肌の方を含め全ての肌質の人に使用でき、長期にわたって使用できることが特徴です。

ルミキシルの使用方法は、1日2回、朝晩洗顔後、タオルドライしたら化粧水などの前に塗布することです。その後、化粧水や美容液を塗布するようにしましょう。

こんなお悩みに

・しみ、そばかす、肝斑が気になる方
・ニキビ跡が気になる方
・透明感のある肌を目指す方
・敏感肌でハイドロキノンが使えない方

ダウンタイム/経過

腫れなどの副作用はほとんどありません。
個人差はあるが変化を感じるまでに2〜4カ月かかるため根気よく続ける必要があります。

費用

1本30ml入りで12,000円〜15,000円程度 (初診料は別途必要)

リスク・副作用

副作用やリスクは特にありません。

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療

美容皮膚科(シミ、しわ、毛穴、ニキビ治療等)の治療が受けられるクリニック

形成外科美容外科美容皮膚科
住所:東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー4F メディカルセンター
最寄駅:JR浜松町駅・都営各線大門駅直結
院長:二宮 幸三
診療時間:月~土 10:00~19:00
休診日:日・祝
形成外科美容外科美容皮膚科
住所:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-252 ユニオンビル7F
最寄駅:JR大宮駅西口徒歩5分
院長:木塚 雄一郎
診療時間:10:00~19:00
休診日:年中無休
美容皮膚科
住所:大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
最寄駅:JR大阪駅中央改札口徒歩約7分
院長:富 隆志
診療時間:10:00~20:00
休診日:

ルミキシルに関連する記事

  • 関連する記事はこれから登録されます。
PAGE
TOP